※1000Wh帯で最もおすすめ!!→レビューとクーポン

【実機レビュー】EcoFlow DELTA2のクーポン情報も!エコフローデルタ2の口コミと評判

YouTubeでも解説しています

ポータブル電源の常識を覆した「EFDELTA(イーエフデルタ)」の後継機モデル「EcoFlow DELTA2 ( エコフロー デルタ2 )」は、1000Whクラスで最も高性能なリン酸鉄モデルです。

筆者「ポタブルン」は、ポータブル電源マニアで、EcoFlow(エコフロー)をはじめ、50台以上のポータブル電源を実際に使ってきた経験を元に、忖度なしで当サイトとYouTubeで徹底比較をしています。

DELTA 2の実機レビューや写真も記事内で紹介しています!

ポタブルン

当サイト限定でクーポンありますので、ぜひご利用ください!

春の新生活セール開催中!

※キャンペーン期間:3/19(火) ~ 4/2(火)

最大50%OFFで最新の人気ポータブル電源がかなり安く購入できるチャンス!

更に、公式サイト上では、5つの特典が付くので、無料会員登録をして、更に安くできます。

  • 新規会員登録(500ポイント)+期間限定ボーナス(500ポイント)
  • ノベルティのネックピローをプレゼント
  • ハズレなしのルーレット
  • 公式サイトでの購入でポイント付与が最大3倍
  • 期間中の購入で、3ヶ月価格保証

エコポイントを貯めて、クーポンをゲットすることで、誰でも7,000〜14,000円OFFで購入できます!

\今がチャンス!最大50%OFF/

期間限定でかなりお買い得

ポタブルン

公式サイト限定でキャンペーン開催中なので、チェックしてみてください!

Amazonで先行セールや大幅な割引をしているので「EcoFlowのセールページ」もご覧ください。

ポタブルン

イチオシは、RIVER2RIVER2 Pro+160WソーラーパネルDELTA2です。

チェック※在庫切れになる可能性もあります。

\セール開催中/

公式サイト限定キャンペーンもあり

筆者もDELTA2と220Wソーラーパネルのセットを購入して、愛用しています。

▼公式サイトでセットで購入すると安くなります!(過去のセール価格)

\セール開催中/

公式サイト限定キャンペーンもあり

ポタブルン

エコフローは頻繁にセールを開催していますが、デルタ2が対象じゃない場合もあります。セール対象の場合は、チャンスです!

三元系からリン酸鉄リチウムイオン電池へのシフトラッシュの中、EcoFlowは、もっと大容量機種「DELTA PRO」にリン酸鉄を採用したり「EcoFlow Power Kits(パワーシステム)」のLFPバッテリーにもリン酸鉄を採用しています。

今回、発売された「DELTA2」もリン酸鉄リチウムイオン電池を採用するとのことなので、大いに人気なポータブル電源になると予測されます。

EcoFlow DELTA 2のセット内容
DELTA 2のセット内容
EcoFlow DELTA 2をキャンプで利用しているシーン
DELTA 2をキャンプで利用

また、ポータブルクーラー(EcoFlow WAVE2)の発売などがあり、EcoFlowの勢いが止まりません。

EcoFlow DELTA2(エコフロー デルタ2)リン酸鉄リチウムイオン電池搭載、ついに予約開始

本記事では、DELTA2の性能面をライバル(Anker 757、Superbase Pro 1500、人気機種P2001)と比較して、先行予約はお得なのか?ライバルより優れるのか?EFDELTAと何が違うのか?DELTA2を買って損しないか?を徹底に解説していきます。

エコフロー公式サイトでエコポイントを貯めてクーポンをゲットする方法」も解説していきます。

EcoFlow DELTA2(エコフロー デルタ2)リン酸鉄リチウムイオン電池搭載、ついに予約開始

最後に、DELTA2がおすすめな方を紹介!そして、DELTA2の発売から見る、今後のEcoFlowの動きを予測していきます。

DELTA2を先行予約するか迷っている、買っていいのか?分からない方に向けて記事と動画を作りました。

この記事の著者
ポタブルン

ポータブル電源オタクのポタブルンです。

車中泊をきっかけに、ポータブル電源を集めるようになり、今まで60台以上の機種を使ってきました。多数のポータブル電源を使ってきた経験を元に、メディアへ寄稿や情報提供。個人から法人様まで購入の相談〜提案をしてきました。現在は、当サイトとYouTubeで「ポタブルン」として活動をしています。

ポタブルンについてツイッターYouTube

202年8月1日~2日のバンライフフェス

筆者は、EcoFlow(エコフロー)のEFFDELTAを20台使って、イベントの電源を全て賄う、バンライフフェス(八ヶ岳)の企画運営など行ってきました。またポータブル電源のメーカー・ブランドと一緒に、車中泊キャンプや防災でのポータブル電源の活用について、広げる活動をしています。

ポタブルン

EcoFlow(エコフロー)のポータブル電源が大好きですが、忖度なしで、しっかりと比較をしていきます。

また、性能面での比較一覧シートも公開していますので、記事内で詳しく解説していきます。

読みたい場所をクリック

EcoFlow DELTA 2のスペック表

最新8月10日
先行予約開始
モデルDELTA 2 (デルタ 2)
総合評価(4.5)
容量クラス大容量クラス
1000Wh~1999Wh
価格143,000円
バッテリー容量1,024Wh
容量拡張
接続可能DELTA2 専用EXバッテリー
DELTA MAX 専用EXバッテリー
本体重量約12kg
寸法400×211×281mm
AC急速充電50分80% / 80分100%
定格出力1500W
X-Boost1900W
アプリ接続
WiFi,Bluetooth対応
出力ポート合計15口
AC合計6口
AC出力詳細合計1500W(サージ2250W)
X-Boost機能で最大1900W
DC合計9口
USB-A / 急速2口 / 2口
USB-C PD1002口
シガソケ1口
DC55212口
ソーラー充電最大500W,11-60V,15A
蓄電池の種類リン酸鉄リチウムイオン電池(LFP)
サイクル寿命約3000回(80%+)
メーカー保証5年間
取扱説明書ウェブで閲覧する
費用対容量139.6円
EcoFlow DELTA2 詳細

EcoFlow DELTA 2の見た目

EcoFlow DELTA 2を斜め前から見た
DELTA 2の斜め前
EcoFlow DELTA 2を正面から見た
DELTA 2の正面
EcoFlow DELTA 2を上から見た
DELTA 2の上面
EcoFlow DELTA 2を後ろから見た
DELTA 2の後ろ
EcoFlow DELTA 2の液晶パネル
DELTA 2の影響パネル
EcoFlow DELTA 2を横から見た
DELTA 2の横

EcoFlow DELTA2の特徴まとめ

EcoFlow DELTA2(エコフロー デルタ2)の特徴まとめ

\セール開催中/

公式サイト限定キャンペーンもあり

EcoFlow DELTA2の性能と特徴を徹底比較

EcoFlow DELTA2(エコフロー デルタ2)リン酸鉄リチウムイオン電池搭載、ついに予約開始

では、早速、DELTA 2(デルタ 2)とEFDELTAの違いを細かく見ていきます。

順番は、電池の種類、出力性能、出力ポート数、容量、充電性能、その他の性能です。

DELTA2は、リン酸鉄リチウムイオン電池を搭載

EcoFlow DELTA2(エコフロー デルタ2)リン酸鉄リチウムイオン電池搭載、ついに予約開始

最も大きな違いは、三元系リチウムイオン電池から、リン酸鉄リチウムイオン電池に変わったことです。

安全性が上がり、サイクル寿命は、800回から3000回まで増えました。

EcoFlowのポータブル電源でリン酸鉄搭載しているのは、DELTA Proのみだったので、2台目となります。

DELTA2の出力は1500W(X-Boost 1900Wまで)

EcoFlow DELTA2(エコフロー デルタ2)リン酸鉄リチウムイオン電池搭載、ついに予約開始

次に、出力性能。

定格出力は、EFDELTAが1600Wに対して、DELTA2は1500Wです。

DELTA2は、X-Boostで1900Wまで利用可能です。

両者とも定格出力でほとんどの家電を動かすことができますが、X-Boostでさらに、対応可能になりました。

EcoFlow RIVERシリーズのように、定格600WからX-Boostで1200Wまで利用範囲が広がる場合は、ドライヤー、IH、ケトルなど幅広い家電に対応可能になりますが、1500Wでもほとんどの家電が利用できるので、DELTA2の場合は、X-Boostの利用頻度はそこまで多くないかなと思います。

DELTA2の出力ポートは合計15口

EcoFlow DELTA2(エコフロー デルタ2)リン酸鉄リチウムイオン電池搭載、ついに予約開始

次に、出力ポート

大きな違いは、USB-C出力が60Wから100Wに変わったことと、DC2口が追加されたことです。

EcoFlow DELTA 2のUSB出力ポート
EcoFlow DELTA 2のUSB出力ポート
EcoFlow DELTA 2のAC出力とシガーソケット口
EcoFlow DELTA 2のAC出力ポート

USB-C 100Wは、各ポート100Wで合計200Wなので、たとえば、MacBook Pro 2台同時に急速充電できます!

MacBookのACアダプターは、意外に大きくかさばるので、この仕様は助かります。

DELTA2の容量は1024Wh。専用エクストラバッテリーで増量可能

EcoFlow DELTA2(エコフロー デルタ2)リン酸鉄リチウムイオン電池搭載、ついに予約開始

次に、容量

DELTA2は、1024WhでEFDLETAと比べると236Whほど少なくなりました。

236Whがどれくらいかというと、ロスも入れて、おおよそですが、iPhone 13が15回、MacBook Pro 2回とちょっと充電できます。

電気毛布 40W程度なら、5時間くらい。

DELTA2は、容量少なくなりましたが、容量の拡張が可能になりました。DELTA2専用エクストラバッテリーを接続すると合計2048Wh。DELTA MAX専用エクストラバッテリーの場合は3040Wh。

DELTA2に拡張可能なバッテリーは2つ

EcoFlow DELTA2(エコフロー デルタ2)リン酸鉄リチウムイオン電池搭載、ついに予約開始

ちなみに、拡張バッテリーは1台までの接続となります。

DELTA2専用エクストラバッテリーは、リン酸鉄リチウムイオン電池を搭載している為、おすすめです。

DELTA Proの専用エクストラバッテリ〜も、同様リン酸鉄系です。

EcoFlow DELTA 2の側面から専用バッテリーを接続可能
EcoFlow DELTA 2の側面から専用バッテリーを接続可能

DELTA MAX専用エクストラバッテリーは、三元系でサイクル寿命800回となります。

DELTA2専用エクストラバッテリーも公式サイトより、販売されています。

EcoFlow DELTA2の充電性能は、AC充電80分でフル充電

EcoFlow DELTA2(エコフロー デルタ2)リン酸鉄リチウムイオン電池搭載、ついに予約開始

次に、充電性能

DELTA2は、AC充電、50分で80%、1時間20分でフル充電。

ソーラー充電、最大500W。

EcoFlow DELTA 2をAC充電している様子
EcoFlow DELTA 2をAC充電している様子

EcoFlowスマート発電機を使って、AC充電同様1時間20分でフル充電。

AC充電は、容量が少なくなっているので、当然かなと思います。

アウトドアや防災を考えると、ソーラー充電は重要なので、100W上がっているのは、いいですね。

DELTA2の重量12kgでより軽くなった

EcoFlow DELTA2(エコフロー デルタ2)リン酸鉄リチウムイオン電池搭載、ついに予約開始

DELTA2が1cmほど大きくなり、重量2kgほど軽くなりました。

三元系からリン酸鉄に変わったので、重量が重くなったと思っていましたが、容量が減ったので、その分の誤差で軽くなったと思われます。

EcoFlow DELTA 2を持ち上げた様子
EcoFlow DELTA 2を持ち上げた様子

EPSやパススルーは、EFDELTAにも同様搭載されています。

アプリ連携できるようになったのが、かなり大きいですね。アプリから操作・設定・管理ができるようになります。

保証期間5年も大きいですね。これはありがたい。

\セール開催中/

公式サイト限定キャンペーンもあり

EcoFlow DELTA2を独自評価すると平均点4.5で高評価

EcoFlow DELTA 2の独自評価は、平均4.5
ポタブルン

当サイトでは、個人的な主観にならないように、独自評価を設けています!

|ポータブル電源の評価比較基準について

ポータブル電源を比較する項目は、とても多く主観的な意見にならないよう。各性能ごとに評価軸を設定し、5段階評価で結果を出しています。また、表記されている容量と実際に利用できる容量は異なります。そのような計算もして、60台以上のポータブル電源の評価をデータ化しています。

5つの評価基準(出力・容量・安全性・寿命・サイズ)で評価をし、評価が平均3.5以上のポータブル電源をおすすめしています。(評価一覧シート)掲載数(93台)

\ 随時、更新しています /

DELTA2の評価

EcoFlow DELTA2(エコフロー デルタ2)リン酸鉄リチウムイオン電池搭載、ついに予約開始

評価項目は、出力、容量、寿命、電池種類、合計サイズ、費用対容量です。

項目を増やす事は可能ですが、複雑になる為、上記の項目をベースとしています。

容量1000Wh~1999Whクラスでは、平均4.5以上が優れるポータブル電源としています。

DELTA2は、平均4.5なので、容量クラスで優れるポータブル電源であることが分かります。

また費用対容量は、価格割る容量で1Wh当たりの金額を出しています。100円を切るとお買い得ですが、三元系ベースなので、リン酸鉄は、100円を上回る場合でも、お買い得として判断しています。

DELTA2の費用対容量は、定価時140円。先行予約価格の場合、143,000円です。

特にお得という訳では、ないですが、この価格で購入できるチャンスはそうそうないと思います。

ちなみに、EFDELTAは、クラウドファンディングの先行予約応援購入で、37%オフで99,500円でした。先月7月のAmazonプライムデーで、安くなっても110,400円だったので、DELTA2も同様、先行予約の価格が最安値です。

とは言っても、Amazonなどその他の割引やキャンペーンも重ねると、更に安くなる場合もあるので、タイミング次第ですね。

\セール開催中/

公式サイト限定キャンペーンもあり

EcoFlow DELTA2と同じ容量クラスでリン酸鉄ポータブル電源と比較

EcoFlow DELTA2(エコフロー デルタ2)リン酸鉄リチウムイオン電池搭載、ついに予約開始

それでは、容量1000Wh~1999Whクラス内で平均評価4.5に近い機種と詳しく比較していきます。

また、最近特に人気なP2001とも比較していきます。容量クラスが異なる為、比較が難しいですが、容量1000Wh以上のポータブル電源を購入する際に、検討する方が多く、購入前の相談でとても多い機種です。

DELTA2を含む、4機種全て、リン酸鉄リチウムイオン電池を搭載しています。

DELTA2とAnker 757とSuperbase Pro 1500の3機種を比較

EcoFlow DELTA2(エコフロー デルタ2)リン酸鉄リチウムイオン電池搭載、ついに予約開始

まず、容量クラスが同じAnker 757 Portable Power StationとSuperBase Pro 1500と比較していきます。

Superbase Pro 1500は、略してSB Pro 1500と表記しています。

優れる項目をハイライトしていますが、DELTA2が6つで最も多く、

次にSuperbase Proが3つ。最後にAnker 757は2つでした。

EcoFlow DELTA 2は、アプリ連携ができる
EcoFlow DELTA 2は、アプリ連携ができる

表の結果から、DELTA2は、アプリ対応、容量が少ない代わりに拡張可能、サイズが小さく軽く、価格が安く、保証期間が長いことが分かります。

Ankerの優位性であった保証期間。EcoFlowは、即座に対応してきました。さすがです。

EcoFlow DELTA2とP2001を比較

EcoFlow DELTA2(エコフロー デルタ2)リン酸鉄リチウムイオン電池搭載、ついに予約開始

続いて、人気機種P2001と比較していきます。

P2001の価格は、8月10日AmazonのEENOUR P2001を参考にしています。

容量クラスが違う為、比較が難しいですが、DELTA2は容量増量することで、P2001よりも容量が多くなります。

出力は、X-Boostで1900Wまで上げることができる為、比較対象にできると判断しました。

DELTA2の優れる点は、6つあります。

アプリ対応、容量増量、コンパクトで軽く、価格が安く、保証期間が長い。

一方、P2001は、平均評価が高く、出力と容量に優れ、費用対容量が100円を切るため、とてもコスパが良い。

どちらも優れるポータブル電源で、こっちがおすすめ!とは言い切れないですね。

この2つで僕だったら、ポータブル性、拡張性、価格、保証に優れるDELTA2を選びます。

と言っても、どちらも購入して損はしないと思います。

EcoFlow DELTA2のメリットとデメリット

EcoFlow DELTA2(エコフロー デルタ2)のメリットとデメリット

では、最後に、ここまでの比較で見えてきたDELTA2のメリットとデメリットを紹介します。

DELTA2のメリット

EcoFlow DELTA2(エコフロー デルタ2)のメリット。
DELTA2のメリット
  • リン酸鉄リチウムイオン電池を搭載
  • サイクル寿命3000回
  • 出力1500W(X-boostで1900W)
  • USB-C PD100W 2口
  • ライバルと比較して軽い
  • 容量の拡張が可能
  • 充電80分でフル充電
  • ソーラー充電最大500W
  • アプリ連携
  • 保証期間5年

DELTA2のデメリット

EcoFlow DELTA2(エコフロー デルタ2)のデメリット
EcoFlow DELTA2のデメリット
  • 容量を拡張しないと少ない
  • X-Boostの恩恵が少ない

EFDELTAの後継機モデルとして、サイズをほぼ変えないことを実現するために、リン酸鉄のバッテリー密度上、容量を少なくするしかなかったのかなと思います。

EcoFlow DELTA2は、こんな方におすすめできる

EcoFlow DELTA2(エコフロー デルタ2)リン酸鉄リチウムイオン電池搭載、ついに予約開始!こんな方におすすめ
こんな方におすすめ!
  1. 最初の1台に。
    DELTA2は、リン酸鉄で安全性が高く、使いやすいサイズ感でちょうど良い容量クラス
  2. EcoFlow好きに。
    EcoFlowのデザイン性が好きで、EcoFlowからリン酸鉄搭載でちょうど良いポータブル電源が出るのを待ち望んでた方
  3. 拡張性とポータブル性を重視したい方。
    アウトドアでは、DLETA2単体でポータブルに。自宅では防災の備えとして、拡張バッテリーをつけて容量的な安心感を。
  4. 信頼と安心を重視したい方。
    DELTA2の保証5年。EcoFlowのカスタマー対応の高さ、過去の実績を含めて優れる企業と言えます。

\セール開催中/

公式サイト限定キャンペーンもあり

エコフローポイントからクーポンをゲットする方法

エコフローの公式サイトで「エコポイント」が導入されたことにより、メルマガで配布されているクーポンよりもかなりお得に購入できる様になりました。

しかも、公式のエコフローセールと併用できるのもありがたい。

ポタブルン

誰でも直ぐにエコポイント1000円ゲットできて7000円分Oクーポンと交換できちゃいます。セールと組み合わせてめっちゃ安く買える。

エコポイントからクーポンをゲットする流れ

STEP
エコフロー公式サイトにアクセス
STEP
ログインが必要

まずは、公式サイト(jp.ecoflow.com)でメールアドレスとパスワードを記入してログインor新規アカウント作成をする必要があります。

STEP
サイト上部右にあるアイコンをタップ

ログインすると、上部右側にプレゼントのようなアイコンが現れるので、タップ。すると、エコポイントページに移動します。

STEP
新規登録やプロフィール情報を完成させる

新規登録するとまず500ポイント、その他プロフィール情報を記入したり、アイコン画像を設定することで、1000ポイントほど貯まります。

既に、エコフローのポータブル電源を持っている方は、保証登録をすることで1000ポイント貯まります。

【エコポイントの貯め方】

  1. 新規登録で500ポイント
  2. プロフィール作成で1000ポイント
  3. 保証登録で1000ポイント
  4. メルマガ登録
  5. 公式サイトでお買い物
    150円につき1ポイント
STEP
エコポイントをクーポンと交換

エコポイントは、還元率が高く、例えば1000エコポイントでサイト上で利用できる7000円分クーポンと交換可能です。

2000エコポイントは、なんと14,000円分のクーポン。

一度の購入でクーポンの併用ができない為、注意してください。

クーポン発行ができると、専用コードが表示されます。コピーをしたり、メモ帳にコピペしておきましょう。

STEP
商品をカゴに入れて、クーポン適応

エコフローのポータブル電源やその他周辺機器を買い物カゴに入れ、購入に進み、クーポンコード記入欄で入力すれば割引が適応されます。

エコポイントは、クーポン以外の特典とも交換できる

エコポイントは、クーポンの他にキャンプギアやギフトカードと交換できます。

しかし、キャンプギアやギフトカードは、それなりにポイントを貯めないと交換できない為、賢い使い方ではありません。

クーポンに利用するのが、最もおすすめです。

EcoFlow DELTA2の発売からEcoFlowの今後の動きを考える

EcoFlow DELTA2(エコフロー デルタ2)リン酸鉄リチウムイオン電池搭載、ついに予約開始

では、最後に、勢いが止まらないEcoFlowの今後の動きをポタブルン的に予測していきます。願望も入っています。

確定の情報ではない為、あくまで参考にしてください。

追記:予想通り、RIVERの後続モデル「RIVER2」やポータブル家電「wave2」などが発売しています。

既存シリーズの後続モデルでリン酸鉄採用か

EcoFlow DELTA2(エコフロー デルタ2)リン酸鉄リチウムイオン電池搭載、ついに予約開始

今年、立て続けにEcoFlow Wave、EcoFlow パワーシステム、EcoFlow DELTA2と新商品を発表してきました。

ここまで、来ると期待が更に高まってしまいます。

DELTA2のような後継機がRIVERシリーズでも発売されると予測します。

デザイン性が好きだけど、三元系だから、と購入を断念した方は少なくないと思います。実際に、当チャンネルの発信を見て、三元系からリン酸鉄系に乗り換えた方が多数いらっしゃいます。

RIVERシリーズは、DELTAシリーズよりも、更にポータブル性に優れ、子供でも持ち運びできるサイズ・重さなことから、より安全性を重視したリン酸鉄を搭載したRIVER2を発売してほしい。

そして、EcoFlow Waveのように、ポータブル家電を新しく提案してくれると期待しています。

EcoFlowは、ポータブル電源業界の常識を超えるデザイン性、機能性を次々と塗り替えてきました。

そんなEcoFlowのDNAをたっぷり盛込んだ、ポータブル家電が発売されたら、迷わず購入する方はたくさんいると思います。

個人的には、ポータブル冷蔵庫が欲しいですね。

EcoFlow DELTA2に関する質問

EcoFlow DELTA2は1000Whクラスのライバルと比較してどう?

容量1000Whクラスのポータブル電源で最も性能が優れる評価となりました。(ポータブル電源の比較シートにより

EcoFlow DELTA2を安く購入する方法は?クーポンある?

EcoFlow公式セールと併用できるエコポイントのクーポンがおすすめです。詳細は、本記事「DELTA2 レビュー」より紹介しています。

EcoFlow DELTA2の保証期間は?

保証期間は5年です。

EcoFlow DELTA2の安全性について?

デルタ2は、リン酸鉄リチウムイオン電池を搭載している為、従来の三元系リチウムイオン電池よりも圧倒的に安全面に優れています。発火や爆発がしにくく、有毒の発生もない為、お子さんやペットがいる家族でも安心して利用できます。

EcoFlow DELTA 2とEcoFlow Waveの相性

EcoFlow DELTA 2でEcoFlow Waveを動作検証した
DELTA 2とWaveをDC接続した図

EcoFlow DELTA 2は、EcoFlow waveとXT150ケーブルのみでDC接続可能な為、効率よくEcoFlow Waveを動かすことが可能です。

ポータブル電源に蓄電されている電池は、DC(直流)電流は、AC(交流)電流に変換する為に、変換ロスが生じます。

EcoFlow Waveは、DELTA 2とDELTA ProとDLETA Max(1600・2000)の4機種のみとDC接続が可能な為、効率よく利用可能となります。

その他のEcoFlowポータブル電源や他のブランドのポータブル電源は、通常のACコードで利用するため、変換ロスがあります。

車内でEcoFlow Waveを何分ほど動かせたか?

EcoFlow DELTA2でEcoFlow Waveの検証
利用するバッテリーWave専用バッテリー(1080Wh)
DELTA 2(1024Wh)
動作時間1時間50分
条件風量最大20度設定
ecoモードは使用していない
EcoFlow DELTA 2でWaveの検証

条件は、風量最大20℃設定でecoモードは使用していない。1時間50分ほど、動かせました。

ecoモードでの利用すると、冷却と送風を自動で切り替えてくれる為、稼働時間を伸ばすことができます。

まとめ:EcoFlow DELTA2は、素晴らしいポータブル電源

\YouTube動画でも解説しています/

以上で「EcoFlow DELTA2(エコフローデルタ2)を徹底解説レビュー」してきました。

EcoFlowの製品開発の速さは、ポータブル電源業界でトップでしょう!

DELTA2は、EcoFlow創業5年のテクノロジーが詰まった渾身のポータブル電源ということに納得できました。

ポータブル性を残し、普段使いに適していて、いざという時の非常時に増量できる拡張性。そして、安心できる安全性の高いリン酸鉄を搭載していること。

ポタブルン

DELTA 2は購入して問題ないと、当サイトでは判断しました。

EcoFlow DELTA 2(エコフロー デルタ 2)
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • リン酸鉄リチウムイオン電池を搭載
  • サイクル寿命3000回と長寿命
  • 軽量で約12kg
  • 保証5年の業界最長
デメリット
  • X-Boostの恩恵が少ない
  • 容量を拡張しないと若干少ない

\セール開催中/

公式サイト限定キャンペーンもあり

参考になったらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
読みたい場所をクリック