※1000Wh帯で最もおすすめ!!→レビューとクーポン

【実機レビュー】EcoFlow WAVE2 ポータブルエアコンで夏と冬が快適に

ポータブルエアコンの検証が大好きなポタブルンです。

遂に、エコフローから暖房機能もついたポータブルエアコン「EcoFlow WAVE2」が発売されたので、実際に、ハイエースに設置して、1時間で車内の温度がどのくらい下がるのか?検証していきます。

様々なメーカーからポータブルクーラーやポータブルエアコンの最新機種が発売されている中、EcoFlow WAVE2の優位性は何か?判断していきます。

本記事制作にあたり、車内に3箇所に温度計を設置して、5分毎(合計1時間)にバッテリー残量、温度計、騒音レベル、風量を計測しています。

5%限定クーポンも配布中!

※有効期間:11/16(木)~12/1(金)

EcoFlow ブラックフライデー 2023

最大50%OFFで最新の人気ポータブル電源がかなり安く購入できるチャンス!

更に、公式サイト上では、5つの特典が付くので、無料会員登録をして、更に安くできます。

  • 新規会員登録(500ポイント)+期間限定ボーナス(500ポイント)
  • ノベルティのネックピローをプレゼント
  • ハズレなしのルーレット
  • 公式サイトでの購入でポイント付与が最大3倍
  • 期間中の購入で、3ヶ月価格保証

エコポイントを貯めて、クーポンをゲットすることで、誰でも7,000〜14,000円OFFで購入できます!

\今がチャンス!最大50%OFF/

5%OFFクーポン:BFKPT

ポタブルン

当サイト限定で皆様に5%OFFのクーポンをプレゼント!この機会にぜひご利用ください。

【EcoFlowプロモーションコード】

  • Amazon:ECBFPOTABU
  • 公式サイト:BFKPT

ご利用条件:5万円以上の購入に適用、他のプロモーションコードと併用できません。

Amazonで先行セールや大幅な割引をしているので「EcoFlowのセールページ」もご覧ください。

ポタブルン

イチオシは、RIVER2RIVER2 Pro+160WソーラーパネルDELTA2です。

チェック※在庫切れになる可能性もあります。
ポタブルン

EcoFlow公式サイトのエコポイントとセール価格を併用すると、10万円ほどで購入できます!とても安い

\12/1まで最大50%OFF/

5%OFFクーポン:BFKPT

読みたい場所をクリック

初代WAVEとの違い
EcoFlow WAVE2 冷暖房付きのポータブルエアコン

では、EcoFlow WAVE2と初代EcoFlow WAVEとの違いを解説していきます。

WAVEとの違い5つ
  1. 暖房機能を搭載
    暑さも寒さも対策できる
  2. 冷却能力アップ
    300Wほど向上
  3. 軽量・小型
    約3kg軽くなった
  4. 運転音が静かに
    44dB〜56dB
  5. ソーラー充電性能アップ
    200Wほど向上

暖房機能を搭載して
ポータブルエアコンに進化した

1つ目、初代WAVEは、冷房機能のみのポータブルクーラーでした。WAVE2は、暖房機能も搭載したポータブルエアコンに進化しています。

冷暖房に対応したことで、1年中、車中泊やキャンプで最適な温度で過ごすことができます。

300Wほど性能アップ
冷房能力が1500Wで強力

2つ目、冷房機能は、WAVEが1200W、WAVE2が1500Wで、消費電力ではなく冷房能力を指します。

さらに軽量・コンパクト

3つ目、コンパクトで軽量になりました。

WAVE本体が17.5kgで、WAVE2本体は14.5kgです。また専用バッテリーパックも軽量化されていて、WAVEの方が7.9kgでWAVE2の方が7.5kgとなります。

合計重量は、WAVEが25.4kgでWAVE2が22kgとなります。約3.4kgも軽くなっています。

運転音がより静かに

4つ目、より静かになりました。

WAVEが約55dBで、WAVE2が44dB。車中泊キャンプなど狭い空間で利用する場合は、特に重要な用途です。

ソーラー充電性能が400Wに性能アップ

5つ目、ソーラー充電性能が上がりました。

WAVEが200W、WAVE2が400Wになります。冷房能力が上がり消費電力が100Wほど増えていますが、充電性能も上がったので、ソーラー充電をしながら冷房を動かし続けることも可能です。とても魅力的ですよね。

冷暖房能力の詳細

冷暖房能力のWは、消費電力ではありません。

▼冷却/暖房仕様EcoFlow WAVE 2EcoFlow WAVE
冷房/暖房仕様冷暖房冷房のみ
冷房能力1,500W1,200W
暖房能力1,800W
温度設定範囲16℃-30℃16℃〜30℃
冷媒R290(130g)R134a(400g )
循環空気量290m3/h290m3/h
冷房/暖房定格入力電力(AC)550W460W
冷房/暖房定格入力電力(DC)495W410W
冷房/暖房最大消費電力700W600W
ポタブルン

性能が上がった分、消費電力も上がっています。

充電性能:入力値

▼入力仕様EcoFlow WAVE 2EcoFlow WAVE
AC入力100-240V 50/60Hz 最大820W100-240V 50/60Hz 最大700W
シガーソケット入力12V/24V,8A、最大200W12V24V /最大8A 200W 5h
ソーラー入力11-60V,13A、最大400W11-35V / 最大12A 200W 5h
専用バッテリーパック入力最大700W最大600W 2h

AC充電とソーラー充電の性能がアップしています。

ポタブルン

ソーラー性能アップしたので、ソーラーで充電しながら、稼働し続けることが可能です!これは凄い進化。

エネルギー効率

▼エネルギー効率EcoFlow WAVE 2EcoFlow WAVE
冷房/暖房(AC)2.6/3.3
冷房/暖房(DC)3.0/3.7

基本性能

▼一般情報EcoFlow WAVE 2EcoFlow WAVE
モデル番号EFKT210EFH200
重量約14.5kg17.5kg
サイズ518×297×336mm518×310×416mm
アプリWiFi,BluetoothWiFi,Bluetooth
空調面積(冷房)≤10m2
運転モード冷房/暖房/送風 急速/おやすみ/省エネ
ドレインフリー機能対応(冷房)対応
満水停止機能対応対応
防水・防塵等級IPX4
運転音44〜56dB55dB未満

バッテリーパック

バッテリーパックEcoFlow WAVE 2EcoFlow WAVE
専用バッテリーパックEFKT210-EBMH200-Wave-BP
容量1159Wh(50.4V/23Ah)1008Wh(50.4V/20Ah)
USB-A出力5/9/12V 2.4/2/1.5A 最大18W
USB-C出力5/9/12/15/20V 5A 最大100W
XT150入力58.6V 最大857W
XT150出力58.6V 最大700W
満充電時間約2.5時間2時間
連続稼働時間約2〜8時間約3〜8時間
重量7.5kg7.9kg
寸法515×272×92mm480×307×73mm
電池素材三元系リチウムイオン電池三元系リチウムイオン電池
サイクル寿命800回以上800回以上
防水・防塵等級IP65
▼温度範囲EcoFlow WAVE 2EcoFlow WAVE
推奨使用温度範囲20℃〜45℃20℃〜45℃
使用温度範囲-20℃〜50℃0℃〜50℃
充電温度範囲0℃〜45℃0℃〜50℃
保温温度範囲常温(20℃〜30℃推奨)常温(20℃〜30℃推奨)

\12/1まで最大50%OFF/

5%OFFクーポン:BFKPT

EcoFlow WAVE2のスペック

項目詳細
製品名EcoFlow WAVE2(エコフロー ウェーブ2)
冷房能力1500W
暖房能力1800W
空調面積(冷房)≤ 10m2
運転モード冷房/暖房/送風/急速/おやすみ/省エネ
専用バッテリーパックの充電方法AC、ポータブル電源、シガーソケット、ソーラーパネル
定格消費電力AC:550W / DC:495W
運転音44〜56dB
IP等級IPX4
アプリ対応
サイズ518×297×336mm
重量約14.5kg

専用バッテリーパックのスペック

項目詳細
製品名EcoFlow WAVE 2 専用バッテリーパック
容量1,159Wh
電池素材三元系リチウムイオン電池(NCM)
サイクル寿命800回(80%以上)
最大出力700W
サイズ515×272×92mm
重量約7.8kg

4通りの充電方法

続いて、充電方法を紹介します。

AC充電・給電のほかに、ソーラー充電、シガーソケット充電、ポータブル電源からの充電が可能です。

また、ポータブル電源の場合、EcoFlowのDELTA 2、DELTA Max、DELTA Proとそれらの拡張バッテリーをDC接続することが可能で、ACで繋ぐよりも効率的に長時間運転が可能となります。

具体的には、DELTA2からAC出力を使用した場合、4時間ほど、DC出力を使用した場合、5時間。DELTA MaxのACは、7時間、DCは、10時間、DELTA ProのACは13時間、DCは18時間となります。

DC接続する場合は、別途「EcoFlow XT150ケーブル」を購入する必要があります。

今回、XT150のケーブルが手元にないんですが、夏車中泊の出発前に購入する予定です。

ご興味がある方は、「EcoFlow XT150ケーブル」をご確認ください。

また、DELTA2を持っている方は、DELTA2の専用エクストラバッテリーを購入することで、WAVE2を長時間運転することが可能です。

DELTA2専用エクストラバッテリー、ずっと購入を悩んでいたんですが、現段階で残量不足になることがなかったので、今回のWAVE2やGLACIERをハイエースに導入にするので、購入します。

EcoFlow WAVE2の冷房検証

検証環境について、ハイエースのスーパーロングでの検証。車内が広い為、後部に小型扇風機を設置して、循環をしながら、冷房機能の検証を行いました。

時間バッテリー残量温度1温度2温度3
開始72%34℃32℃32℃
6:0069%35℃32℃32℃
10:0068%35℃31℃31℃
15:0065%33℃31℃31℃
20:0063%31.8℃30.9℃30.8℃
25:0059%30.9℃30.4℃30.0℃
30:0056%30.2℃30.2℃29.5℃
35:0053%29.7℃30.2℃29.0℃
40:0049%29.2℃30.2℃28.6℃
45:0046%28.8℃30.2℃28.2℃
50:0042%25.8℃30.2℃27.9℃
55:0038%25.5℃30.2℃27.2℃
60:0035%25.7℃26.8℃26.9℃
65:0031%25.8℃26.1℃26.4℃
70:0027%25.4℃25.9℃26.2℃

1時間の検証で5分ごとに、バッテリー残量、各温度計の温度を計測していきました。

1時間で、34℃→25℃まで約9℃下げることができました。

今回の検証した車は、ハイエースのスーパーロングなので、車内が広いですが、1時間で9℃下げることができたのは、とても嬉しい結果でした。

廃棄と吸気のダクトの接続部分の改良や車内全体の断熱を徹底することで、よりWAVE2の性能を活かせると思います。

運転音の測定:49.1〜57.5dB

冷房機能で風量(小)で排気口から1mほど離れた位置の音量は、49.1dBでした。

冷房機能で風量(強)で排気口から1mほど離れた位置の音量は、57.5dBでした。

風量強の状態で目の前にいると風の音が結構しますが、機械的な嫌な音はしないので、私は気にせずに寝ることができます。

\12/1まで最大50%OFF/

5%OFFクーポン:BFKPT

EcoFlow WAVE2の設置の流れ

設置の流れ
  1. WAVE2とバッテリーパックを接続
  2. ダクトエンドを接続
  3. 排気ダクトを接続
  4. 窓パネルを活用して排気と吸気のダクトを設置

本記事では、WAVE2専用バッテリーパックを接続して利用しています。

ポタブルン

ハイエースのスーパーロングに設置しています!

STEP
バッテリーパックの接続
STEP
ダクトエンドの設置
STEP
排気ダクトを接続
STEP
窓パネルを活用して排気と吸気ダクトを設置

送風、冷房、暖房の消費電力の確認

使用環境によって消費電力は変わるので、あくまで参考値として

送風は、13〜14W程度

冷房は、384W程度

暖房は、315程度

メリットとデメリット

では、実際に使ってみて感じたメリットとデメリットを紹介します。

EcoFlow WAVE2のメリット

EcoFlow WAVE2のメリット
  • 冷暖房でオールシーズン利用可能
  • 運転音が小さく車内での利用に最適
  • 直感的に操作できるシンプルな設計

1つ目、暖房機能もあるので、オールシーズン、車中泊やキャンプで利用できること。

初代WAVEや従来のポータブルクーラーには暖房機能がない為、夏場だけ使って、それ以外のシーズンは倉庫で眠っている状態でした。

僕は、年間通して車中泊旅をしているのですが、滞在する場所によって、暑い寒いの温度差が大きく苦労していました。

WAVE2を車に積んでおけば、1年中快適に過ごせるのは、大きなメリットです。

2つ目、運転音がとても静かなこと。

特に車内で利用する場合、音が大きかったり嫌な機械音が鳴ると、不快で寝不足になってしまいます。

WAVE2は、音が小さく、嫌な音もしないので、ストレスなく安眠ができます。

3つ目、本体とアプリの操作がとてもシンプル。

冷暖房と送風機能、風量の強弱など設定できる項目が多いですが、視覚的に理解できて、シンプルな設計なので、使い方が分からなくて説明書を読むなんてことが起こらない。

EcoFlow WAVE2のデメリット

EcoFlow WAVE2のデメリット
  • DIYと設置の手間がかかる
  • 消費電力が大きい
  • 三元系リチウムイオン電池を採用

1つ目、ポータブルクーラーやポータブルエアコンの全てに言えることですが、設置の手間があること。

また、本体はコンパクトで軽量化していますが、ダクトをつなぐとそれなりにスペースを取るので、本体のサイズだけでなく、設置も考慮して置く場所を考えることが必要です。

2つ目、高性能ですが、消費電力が大きいこと。

真夏の日中に車中泊やキャンプでの利用を考えると、バッテリーパックと容量1000Wh以上のポータブル電源が必要になります。さらに、ソーラーパネルをルーフに設置したり、常に充電できる環境・設備を整えることで、容量不足になる確率を減らすことができます。

夜の温度が下がった時に、おやすみモードで使うのが良さそう。

3つ目、バッテリーパックの電池素材が三元系リチウムイオン電池なこと。

EcoFlowの最新ポータブル電源のDELTA2やRIVE2シリーズ、DELTA Proは、安全性とサイクル寿命に優れるリン酸鉄を採用していますが、WAVE2のバッテリーパックは、三元系です。

リチウムイオン電池は、40℃以上の環境で充放電や保管をした場合、劣化が速くなる調査結果があるので、WAVE2は、そのような高温な車内で利用する場合があります。なので、サイクル寿命が長いリン酸鉄を採用して欲しかったです。

以上でメリットとデメリット終わりです。

\12/1まで最大50%OFF/

5%OFFクーポン:BFKPT

エコフローポイントからクーポンをゲットする方法

エコフローの公式サイトで「エコポイント」が導入されたことにより、メルマガで配布されているクーポンよりもかなりお得に購入できる様になりました。

しかも、公式のエコフローセールと併用できるのもありがたい。

ポタブルン

誰でも直ぐにエコポイント1000円ゲットできて7000円分Oクーポンと交換できちゃいます。セールと組み合わせてめっちゃ安く買える。

エコポイントからクーポンをゲットする流れ

STEP
エコフロー公式サイトにアクセス
STEP
ログインが必要

まずは、公式サイト(jp.ecoflow.com)でメールアドレスとパスワードを記入してログインor新規アカウント作成をする必要があります。

STEP
サイト上部右にあるアイコンをタップ

ログインすると、上部右側にプレゼントのようなアイコンが現れるので、タップ。すると、エコポイントページに移動します。

STEP
新規登録やプロフィール情報を完成させる

新規登録するとまず500ポイント、その他プロフィール情報を記入したり、アイコン画像を設定することで、1000ポイントほど貯まります。

既に、エコフローのポータブル電源を持っている方は、保証登録をすることで1000ポイント貯まります。

【エコポイントの貯め方】

  1. 新規登録で500ポイント
  2. プロフィール作成で1000ポイント
  3. 保証登録で1000ポイント
  4. メルマガ登録
  5. 公式サイトでお買い物
    150円につき1ポイント
STEP
エコポイントをクーポンと交換

エコポイントは、還元率が高く、例えば1000エコポイントでサイト上で利用できる7000円分クーポンと交換可能です。

2000エコポイントは、なんと14,000円分のクーポン。

一度の購入でクーポンの併用ができない為、注意してください。

クーポン発行ができると、専用コードが表示されます。コピーをしたり、メモ帳にコピペしておきましょう。

STEP
商品をカゴに入れて、クーポン適応

エコフローのポータブル電源やその他周辺機器を買い物カゴに入れ、購入に進み、クーポンコード記入欄で入力すれば割引が適応されます。

エコポイントは、クーポン以外の特典とも交換できる

エコポイントは、クーポンの他にキャンプギアやギフトカードと交換できます。

しかし、キャンプギアやギフトカードは、それなりにポイントを貯めないと交換できない為、賢い使い方ではありません。

クーポンに利用するのが、最もおすすめです。

よくある質問

EcoFlow WAVE2を安く購入する方法はありますか。

エコフロー公式サイトのエコポイントからクーポン発行して7,000円〜14,000円ほど安く購入できます。

エコポイントからクーポン発行の手順は、こちらで解説しています。

EcoFlow WAVE2をポータブル電源で効率的に稼働させる方法は。

EcoFlowのDELTAシリーズの「DLETA2」「DELTA Max」「DELTA Pro」とそれらの専用エクストラバッテリーをDC接続することで、変換効率を高くし長時間の利用ができます。接続には、専用のXT150ケーブルが必要となります。

EcoFlow WAVE2の専用バッテリーパックの電池素材は。

三元系リチウムイオン電池となります。サイクル寿命800回以上です。

まとめ

EcoFlow WAVE2
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 冷暖房でオールシーズン利用可能
  • 運転音が小さく車内での利用に最適
  • 直感的に操作できるシンプルな設計
デメリット
  • DIYと設置の手間がかかる
  • 消費電力が大きい
  • 三元系リチウムイオン電池を採用

以上で「EcoFlow WAVE2の実機レビューや検証テスト」を行なってきました。

総合的に見て、今期最強のポータブルエアコンだと私は思います

暖房機能が付いたことにより、夏冬、オールシーズン利用可能。初代WAVEは、冷房のみのポータブルクーラーだったので、夏場以外、役目がなく倉庫に保管しておく必要がありました。

ポータブルクーラーと価格差があまりないので、暖房機能付きになった「EcoFlow WAVE2」を買った方が使用頻度が増え、コスパ良いでしょう。

\12/1まで最大50%OFF/

5%OFFクーポン:BFKPT

参考になったらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
読みたい場所をクリック