※1000Wh帯で最もおすすめ!!→レビューとクーポン

※トップメーカーを超えた!!UGREEN PowerRoam 2200を検証レビュー。完成度が高いポータブル 電源で超大容量2000Whの最高地点!!

どうも、今までに100種類以上のポータブル電源を使った経験を元に、ポータブル電源を使ったイベント主催や個人から企業様へ購入サポートを行ってきたポタブルンです。

現在、ブラックフライデーでセール開催中!

UGREEN PowerRoam 2200を安く購入する方法を知りたい方

絶賛、ブラックフライデーが開催中ですが、、、

ポタブルン

皆さん、欲しいポータブル電源は、もう決まりましたか?

ポータブル電源は、かなり種類が多く、価格も高いことから、購入チャンスを逃しやすいんですよね。

そんな、方々から、よくこんな質問をいただきます。

よくいただく質問
  • 停電時に家族で使えるポタ電はどれ?
  • 出力・容量が多くて、コスパいいのは?
  • 大きくても移動しやすいポタ電はどれ?

こんな方々におすすめできる、必見のポタ電を見つけました!

読みたい場所をクリック

超大容量2000Whクラス
UGREEN PowerRoam 2200

今回、レビューするポータブル電源は、容量2000Whクラス帯で、コスパ良く、激安リン酸鉄でありながら、信頼できるメーカーのポータブル電源です。

ポタブルン

実機を使ってみて、とても、とても感動しました。

ポータブル電源のメーカー各社、リチウムイオン電池の改良ばかりに注目していますが、実際に利用するユーザーの目線に立って、改良・設計されているポタ電ってあんまりないんですよね・・・

しかも、OEMがほとんどで設計が似たり寄ったりなので、違いがあまりなく、優劣がつけにくいのが正直な意見です。

しかし、UGREEN PowerRoam 2200、見れば見れば、よく作られたポータブル電源だと感激しました!

UGREEN PowerRoam2200
性能スペックについて

読み方:UGREENのPowerRoam 2200(ユーグリーンのパワーローム2200)

UGREENのPowerRoam2200の独自評価は、4.3。

容量2048Whから1万2000Whまで増量可能。

出力3000W。リン酸鉄リチウムイオン電池搭載のサイクル3000回。

サイズ合計1080mm、重量25.5kgです。

パススルー、UPS、アプリ対応。

AC充電は、1.7時間でフル充電、ソーラー入力は最大1200Wでかなり高いです。

保証期間は、5年間。

超大容量クラスは、重量20kgを超えるので、持ち上げる時に腰が不安なんですよね。

しかも、専用トレーラーがない機種がほとんどなので、PowerRoam2200は、それだけで優れています。また、トレーラーの取り付けが、ボルトで閉める手間要らずで、簡単に固定できて、無駄を省いたシンプルな設計。

UGREENについて、どこの国

そんな、UGREENってどんな会社なの? 

と疑問に思う方もいらっしゃると思いますので、調べてみました。

UGREENは、中国の「HONGKONG UGREEN LIMITED」という企業です。

2012年3月に設立し、10年以上の歴史があります。

USBをはじめ、HDMIケーブル、電子機器、PC関連のガジェットなどを取り扱っていて、アジアのシリコンバレーと呼ばれる深センを拠点にしています。

ちなみに、HUAWEIやAnkerなども深センに本社があります。

UGREENは、ポータブル電源以外の電子機器で実績があり、ポータブル電源の領域でも、OEMブランドとは違う、独自のブランド力を持っています。

ポタブルン

企業・ブランドとして、実績あり、信頼できるメーカーだと考えます。

外観・見た目・出力ポート

では、本体の外観を見ていきます。

まずは、トレーラーから下ろした状態で見ていきます。

上面

上面にクボみがあり、別売りの拡張バッテリーが綺麗に乗る設計になっています。左右にハンドルが付いていて、持ちやすい設計。

正面

正面上部の中央には、横長の大きな液晶パネルがあります。

この液晶パネルは、とても見やすく、気に入りました。

中央にバッテリー残量、左に入力値と充電完了までの時間、右に出力値と継続出力時間が表示されます。両端には、アイコンで設定ステータスが表示されます。

液晶パネルの下には、USBポートがあり、USB-Cが4口、USB-Aが2口あります。

USB-Cは、140W1口、100W1口、45Wが2口です。USB-Cが4ポートあり、100W以上が2口あるのは、最新のデバイスを使う人にとっては、かなり便利です。

USB-Aは、22.5Wと15Wとなります。

その横には、アンダーソン出力が1口あり、液晶の右側には、シガーソケット1口、DC5521ポートが2口あります。

液晶の左側には、LEDライトとそのスイッチがあります。

一番下には、本体の主電源ボタンがあります。

側面

続いて、側面は、放熱穴があり、下には、AC出力ポートが6つあります。

AC出力は、通常2000Wまでで、U-Turboテクノロジーにより3000Wまで対応可能です。

反対の側面

反対側面には、吸気口、過負荷保護ボタン、AC充電ポート、アース端子、DC入力ポート、拡張バッテリーポートがあります。

ちなみに、吸気口につける、ダストメッシュフィルターがあります。ポタ電、100台以上使ってきて、初めてで、とても感動しました。

ポタブルン

ポータブル電源の内部にホコリが入ると故障の原因になるので、これはめちゃくちゃありがたいです。

専用トレーラーに乗せる

続いて、付属の専用トレーラーに乗せてみます。

本体背面の中央にあるクボみと、トレーラーが固定される仕組みで、簡単に固定できます。

タイヤが大きく4つなので、非常に安定感があり、軽い段差も容易に乗り越えられます。

このクラス帯のポータブル電源で、キャスター付きは少なく、付いていてもタイヤ2つ、もしくは取り付けが面倒なボルト固定タイプです。

ここまで、トレーラーが作り込まれているのは、初めてで感動しました。

AC出力テスト

続いて、出力テストを行います。

UGREEN PowerRoam2200の出力性能は、定格2000W、U-Turboテクノロジーで3000Wまでなので、2000W~3000W内で家電の動作テストを行なっていきます。

まず、ドライヤー、IH調理器、電気ケトルを単体でそれぞれ動かしていきます。

その後、2台同時に動かすテストを行い、正常に動作したら、3台同時に動かすテストを行います。

ドライヤーの動作テスト

では、ドライヤーから。

出力は、1200W程度で正常に動きました。

IH調理器の動作テスト

続いて、IH調理器でお湯を沸かすテストを行います。

出力は、1100W程度で正常に動いています。沸騰しました!

電気ケトルの動作テスト

続いて、電気ケトルでお湯を沸かします。

出力は、1250Wで正常に動いています。沸騰しました!

2台同時:電気ケトルとIH調理器の動作テスト

続いて、電気ケトルとIH調理器を同時に動かすテストをします。

出力は、2250W程度で動かせています。

先に電気ケトルでお湯沸かせました。

続いて、IH調理器でお湯分けました。

3台同時:電気ケトル・IH調理器・ドライヤー

続いて、ドライヤーも追加した3台を同時に動かすテストを行います。

ポタブルン

3000Wを超えてしまい、オーバーロードで止まりました。

以上で、出力テスト終わります。

高出力1000Wを超える程度の家電なら、2台同時利用可能でした。

3台を同時に使うシーンは、ほぼないので、日常的な使い方から非常時の利用で問題ないと考えます。

充電テスト

続いて、充電テストを行います。

PowerRoam2200は、AC1500Wの入力で1.7時間(分に直すと102分)でフル充電とのことですが、今回は1200W程度の入力で充電テストを行なっていきます。

では、スタート。

ポタブルン

結果、1200W程度で2時間4分でフル充電できました。

実容量テスト(容量計測)

続いて、実容量の計測をしていきます。

表記上の容量2048Whに対して、実際に使用できる容量は何Whなのか?DC→AC変換ロス含む、実容量を確認していきます。

容量計測のために、計測器として、SwichBot プラグミニを使い、モニタリングしていきます。

結果、1840Whで、89.84%でした。

一般的には、70%~80%なので、PowerRoam2200は、とても良い結果でした。

ライバル比較:超大容量2000Wh以上

では、容量2000Wh以上の超大容量クラスのライバルと比較していきます。

独自評価トップは、DABBSSONのDBS2300 Plusの4.5です。

半個体リン酸鉄搭載により、従来のリン酸鉄より、安全性とサイクル寿命が向上しています。

サイズ重量は、ライバルと比較して、大差なく、価格も安いことから、おすすめできるポータブル電源です。

続いて、独自評価4.4で同点、DELTA 2 MaxとAFERIY 2400を見ていきます。

DELTA 2 Maxは、突出する性能はありませんが、逆に劣る部分もなく、バランスよくまとまったポータブル電源だと思います。

続いて、同点のAFERIY 2400は、この中で最も軽量コンパクトで、価格も安くコスパ最強です。さらに、保証期間は、業界最長の7年です。

最後に、独自評価4.3のUGREEN PowerRoam2200を見ていきます。

出力が3000Wで最も高く、ソーラー充電性能も1200Wで最も高性能です。

また、専用トレーラーがあるので、移動もしやすく、非常時にも向いています。

日常的なオフグリッドとして、ソーラー充電で効率的に充電して、自宅内の家電を複数同時に動かすことも可能です。

ポタブルン

日常的に節電対策として使いたい方、万が一の非常時では、自宅の家電を動かしたり、専用トレーラーで自宅内を移動させたい方には、UGREEN PowerRoam2200がおすすめです。

メリット・デメリット

では、UGREEN PowerRoam2200を使ってきて、見えてきたメリットとデメリットを解説します。

まず、左側のメリットを解説します。

メリット
  • 出力3,000Wで高出力家電を同時利用できる
  • ソーラー入力1200Wで効率的に充電できる
  • USBが豊富で各口の最大W数が記載されている
  • ファンの音がとても静か
  • 台車が頑丈で取り外しがとても楽
  • ダストフィルターがある
  • 変換ロスが少ない

続いて、右側のデメリット、

正直、メリットばかりで、デメリットはないですが、あげるとしたら、ライバルよりも若干大きいこと。

ポタブルン

今まで使ってきたポータブル電源の中でも、完成度がとても高く、忖度なしで、お気に入りになったポータブル電源です。

安く買う方法(クーポン情報)

UGREEN PowerRoam2200を安く購入する方法をご紹介します。

現在開催中の、ブラックフライデーが最大40%OFFで最安値です。

さらに、この動画の視聴者限定で、併用可能な5%OFFクーポンもあります。

クーポンコードは、「PTBN2200」です。

まとめ

以上で、「UGREEN PowerRoam 2200」をレビューしてきました。

実際に、使ってみて、有名メーカーよりも製品の完成度、作り込み、設計の細かさを感じ、感動しました。

リチウムイオン電池の進化や充電速度ばかりにフォーカスしているメーカー・ブランドよりも、UGREENは、実際の利用者の立場に立った良い設計だと思います。

参考になったらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
読みたい場所をクリック