Amazonプライムデー【18選とセット内容】限定5%OFFクーポン

【徹底解説】ソーラー パネルとポータブル電源の互換性について

ポタブルン

ポータブル電源とセットでソーラーパネルも購入したい!けど、どうやって選べばいいのか分からない。互換性を知りたい。

そんな方に向けて、当記事では、ソーラーパネルとポータブル電源の互換性について、必要な知識と選び方を徹底的に解説していきます。

同じメーカー品だけでなく、他社製品でも大丈夫です!特に、有名メーカーの折りたたみ式のソーラーパネルは、高いので、他社製品で安く済ませたいと言う方に必見です!

読みたい場所をクリック

ソーラーパネルとポータブル電源の互換性を知る

ソーラーパネルの動作電圧とポータブル電源のDC入力仕様を見て、範囲内で選びます。

最初に理解する項目
  • 出力と最大入電量:Wで選ぶのは間違い
  • 動作電圧と入力電圧:Vが範囲内
  • 動作電流と入力電流:Aが範囲内
  • 並列と直接繋ぎの違い

仮にSEKIYA 150WのソーラーパネルとJackery1000で検証

ポタブルン

実例を見ながら理解していきます。

ソーラーパネルのスペック
  • SEKIYA 150W
  • 出力:150W
  • 動作電圧:18.2V
  • 動作電流:8.33A

上記のソーラーパネルを2枚

ポータブル電源のスペック
  • Jackery 1000
  • 最大入力量:200W
  • 入力電圧:24V(12~30V)
  • 入力電流:7.5~8.33A

並列の場合は、動作電圧がそのままで電流(A)が2倍

項目一枚のスペック並列接続
出力150W121W
動作電圧18.2V18.2V
動作電流8.33A16.66A
オーバー
並列繋ぎした場合

電流が16.66Aになり、入力電流をオーバーしてしまう。

18.2V×8.33A=151.6W×80%=121.28Wの入力になる。

ポタブルン

2枚を並列接続しても、電流がオーバーしてしまい、入力値は121Wなので、1枚と変わらない性能になります。

直列の場合は、動作電流がそのままで電圧(V)が2倍

項目一枚のスペック直列接続
出力150W199W
動作電圧18.2V36.4V
オーバー
動作電流8.33A8.33A
直列繋ぎをした場合

電圧が36.4Vになり、入力電圧をオーバーする

30V×8.33A=249.9W×80%=199.92Wの入力になる(最大入電量が200W以内なので丁度良いのでは?と思いますが、、、)

ポタブルン

入力電圧(V)がオーバーしているため、感電やバッテリー損傷の原因になります。

ソーラーパネルの種類

ソーラーパネルは、単結晶と多結晶と言う作り方の違いがあり、性能やコストも異なります。

また、用途に合わせて、折り畳み式やフレキシブル、枠付き一枚型などの形状があります。

この章で理解すること
  • 単結晶と多結晶の違い
  • 形状の違いの選び方

単結晶と多結晶の違い

項目単結晶多結晶
コスト
変換効率
耐久性
単結晶と多結晶の違い
ポタブルン

性能面で見ると単結晶が優れていますが、多結晶は、製造原料の無駄が少なく、コストが安いのが魅力的です。

ポータブル電源のメーカー・ブランドで販売されているのは、折り畳み式のソーラーパネルは単結晶がほとんどです。

防災・アウトドアなど様々な場面で柔軟に充電したい場合は、折り畳み式の単結晶ソーラーパネルがおすすめです。

折り畳み式ソーラーパネル

ポータブル電源のメーカー・ブランドで販売されているソーラーパネルは、ほとんどが折り畳み式です。

持ち運びに優れ、防災・アウトドアなど様々な環境下でも充電できます。

フレキシブルタイプや枠付きのソーラーパネルよりも、コストが高いのがデメリットです。

ポタブルン

車中泊やキャンプ、屋外での作業時の充電におすすめです!太陽の向きに合わせて設置しないと、うまく発電してくれません。

フレキシブルなソーラーパネル

一枚式で、柔らかくしなるタイプのソーラーパネルです。

フレキシブルタイプは、枠付きよりも軽量なことから、設置が良いで、カーブしている場所にも設置ができます。

例えば、車の屋根(ルーフ)の形状に沿ってフレキシブルのソーラーパネルを設置するなどの場合があります。

ポタブルン

車のルーフにボンドなどで接着しているYouTube動画をよく見ますが、万が一、外れて飛んで行った場合など考えるとリスクがありすぎるので、自己責任。

枠付きのソーラーパネル

枠付きのソーラーパネルは、家の屋根や車の屋根(ルーフ)に常時設置するタイプです。

枠付きのため、重く持ち運びには不向きです。家庭用蓄電池や超大容量のポータブル電源を家で利用するなどの場合に、合わせて利用するのがおすすめです。

ポタブルン

枠付きは、持ち運びには向いていないですが、固定して常時充電することを考えると、最もソーラーパネルとして機能してくれるタイプです。

防水・防塵は必要か?

ポタブルン

ソーラーパネルは、太陽に向けて屋外に設置するので、防水防塵性能は必要不可欠だと思います。

ポータブル電源と同じメーカーで選ぶべきか?

ポタブルン

販売ブランドが同じだと、問い合わせた時にスムーズに回答してくれるので、万が一問題があった時に、自分で解決できない場合は、同じブランドでセットで購入するのがいいと思います。

互換性と設置場所や用途で最適なソーラーパネルを選ぶ

ポタブルン

ソーラーパネルは、用途を明確にすることで、最適解を選ぶことができます。

異例ですが、例えば、賃貸マンションの小さいベランダでソーラーパネルを設置して、ポータブル電源を充電したい。と言う質問をいただきました。

柵の高さがあるため、ベランダの床に設置すると、影になってしまい、発電が上手くされない。

そのため、物干し竿に吊るして、影がパネルに入らないように設置する解決法を考えました。

その場合、折り畳みやフレキシブルタイプのソーラーパネルで、吊るすための穴がパネルについていることが条件になりました。

例えば、EcoFlowの折り畳み式ソーラーパネルは、4隅と中間4箇所、合計8箇所に穴があるため、縦横のどちらでも吊るすことができます。

同じブランド・メーカー品が理想ですが、設置場所をイメージして、購入前にサイズを検討することが、重要になります。

参考になったらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
読みたい場所をクリック