※1000Wh帯で最もおすすめ!!→レビューとクーポン

Anker 555 Portable Power Station!100Vになったアンカーのポータブル電源!徹底比較最速レビュー

YouTubeでも解説しています

どのポータブル電源がおすすめできるか?を徹底的に比較レビューするのが趣味なポタブルンです。

またまた、Anker(アンカー)から最新機種「Anker 555 Portable Power Station(PowerHouse 1024Wh)」が発売されました。

容量1000Whを超える大容量クラスでありながら、コンパクトを実現した。車中泊キャンプでの利用に適したポータブル電源です。

今回は、Ankerにとって大きな変化もあったので、徹底解説していきます。

Anker 555 Portable Power Stationを公式ストアでお得に購入する方法は「Ankerストアでお得に購入する方法」をクリックして、下に移動します。

Anker 555 Portable Power Stationのシリーズを比較
Anker 555 とシリーズ

Anker 555 Portable Power Stationは、軽量コンパクトな500番台シリーズの中で最も大容量モデルとなります。

Ankerには、700番台のシリーズもあり、Anker 757、767などの1000Whを超える大容量モデルもあります。

EcoFlowでいう、RIVERシリーズとDELTAシリーズのように、Ankerは、500番台シリーズがポータブル性に優れ、700番台シリーズが大容量で高出力な性能に優れています。

Anker 555 Portable Power Stationを購入検討している方に、徹底解説

Anker 555 Portable Power Stationは、DELTA 2と同じ容量1024Whで価格帯も近いことから、ライバルで比較対象になるポータブル電源であることが分かります。

発売日も近いので、メーカー側も意識して作ったのかな?とポタブルン的に、とても興味があります。

本記事では、Anker 555 Portable Power Stationの性能面をライバル(DELTA 2、Anker 757、Superbase Pro 1500)と比較して、お得なのか?ライバルより優れるのか?Anker 555 Portable Power Stationを買って損しないか?を徹底に解説していきます。

Anker 555 Portable Power Stationを徹底解説する記事の目次

最後に「Anker 555 Portable Power Stationがおすすめな方を紹介!」そして「Anker 555 Portable Power Stationの発売から見る、今後のAnkerの動きを予測」していきます。

本記事と動画は、実機なしで性能面から他の機種と比較・考察する動画となります。

長い記事になる為、気になる部分だけ飛ばして見ることも可能です。

Anker 555 Portable Power Station(PowerHouse 1024Wh)
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • Ankerで初AC100Vを採用
  • リン酸鉄リチウムイオン電池でサイクル数が3000回
  • UPSとパススルーを搭載
  • ライバルと比較してコンパクト
  • 保証期間5年
デメリット
  • ライバルと比較して出力が低い
  • 容量の増量ができない
  • 充電時間が4.1時間と遅い
  • 上面がフラットじゃない為、物を置けない

\ 公式サイトでお得に購入する /

この記事の著者
ポタブルン

ポータブル電源オタクのポタブルンです。

車中泊をきっかけに、ポータブル電源を集めるようになり、今まで60台以上の機種を使ってきました。多数のポータブル電源を使ってきた経験を元に、メディアへ寄稿や情報提供。個人から法人様まで購入の相談〜提案をしてきました。現在は、当サイトとYouTubeで「ポタブルン」として活動をしています。

ポタブルンについてツイッターYouTube

読みたい場所をクリック

Anker 555 Portable Power Station スペック表

Anker 公式ストア
Amazon で販売
モデルAnker 555
Portable Power Station
(PowerHouse 1024Wh)
総合評価(4.4)
容量クラス大容量クラス
1000Wh~1999Wh
価格149,900円
バッテリー容量1,024Wh
容量拡張
本体重量約13.1kg
寸法350×295×188
AC急速充電同時充電4.1h
定格出力1000W
X-Boost
アプリ接続
出力ポート合計12口
AC合計6口
AC出力詳細合計1000W(サージ1500W)
DC合計6口
USB-A急速2口
USB-C / PD1002口(60W) / 1口
シガソケ1口
DC5521
合計最大入力300W(DC 200W + USB-C 100W)
ソーラー充電最大200W,11-28V,10A
蓄電池の種類リン酸鉄リチウムイオン電池(LFP)
サイクル寿命約3000回(80%+)
メーカー保証5年間
取扱説明書ウェブで閲覧する
費用対容量146円
Anker 555 Portable Power Station 詳細

Anker 555 Portable Power Station 特徴まとめ

Anker 555 Portable Power Stationの特徴まとめ
EcoFlow DELTA2の特徴まとめ
  • AC電圧100Vを採用
  • リン酸鉄リチウムイオン電池を搭載
  • サイクル寿命3000回
  • USB-C 合計3口
  • ACとUSB同時充電で約4時間
  • ソーラー充電最大200W
  • 省電力モード搭載
  • サイズがライバルより小さい
  • 保証期間5年

Anker 555 Portable Power Station 性能と特徴を徹底比較

Anker 555 Portable Power StationとDELTA 2を徹底比較

では、早速、Anker 555 Portable Power StationとDELTA2の違いを細かく見ていきます。

順番は、電池の種類、出力性能、出力ポート数、容量、充電性能、その他の性能です。

Anker 555 Portable Power Stationは、リン酸鉄リチウムイオン電池を搭載

Anker 555 Portable Power StationとDELTA 2の比較、リチウムイオン電池の種類は、共にリン酸鉄リチウムイオン電池
リチウムイオン電池の比較

「Anker 555 Portable Power Station」とDELTA 2共にリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載しています。

AnkerもEcoFlowも近年の最新機種でリン酸鉄リチウムイオン電池を採用しています。

Anker 555 Portable Power Stationの出力は1000W(DELTA 2に劣る)

Anker 555 Portable Power StationとDELTA 2を比較。定格出力について
出力の比較

次に、出力性能

定格出力は、Anker 555が1000W、DELTA 2は1500Wです。

更に、DELTA 2は、X-Boostという電圧を下げて、1900Wまでの家電も利用可能になります。

EcoFlowやBLUETTIは、電圧を調整して、出力範囲を広げる仕様を採用していますが、Ankerは、まだ採用していません。

定格1000Wだと、家庭用家電で使えない場合もあるので、電圧シフトがないにしろ、定格出力はDELTA 2の様に1500Wくらいは欲しかったです。

とはいえ、Anker 757と差別化するという意味でも、出力をあえて下げている様にも考えられます。

Anker 555 Portable Power Stationの出力ポートは合計12口

Anker 555 Portable Power StationとDELTA 2を比較。出力ポート数について
出力ポート数の比較

次に、出力ポート

ポート数でいうとDELTA2の方が優れています。

Anker 555は、USB-Aが2口、USB-Cが3口。合計5口

DELTA 2は、USB-Aが4口、USB-Cが2口。合計6口

USBポート数は、シガーソケットに変換を指すことで増設したり、AC出力でも対応できます。

DC5521ポートは使わない場合は、一度も使うことがないですが、Ankerは、シリーズでDC5521を採用していないので、今後も搭載してこないと考えます。

ポタブルン

Ankerの最新シリーズには、DC5221出力が搭載されていません。と言っても使わない場合が多いので、そんなに心配する必要がありません。

Anker 555 Portable Power Stationの容量は1024Wh。DELTA 2と同じ容量

Anker 555 Portable Power StationとDELTA 2を比較。容量について
容量の比較

次に、容量

「Anker 555 Portable Power Station」はDELTA 2と全く同じ1024Whです。

発売タイミングがほぼ同じ時期なことから「Anker 555 Portable Power Station」はDELTA 2をライバル視していると推測できます。

とはいえ、DELTA 2は、専用拡張バッテリーで2048Whまで増量可能で、DELTA MAX専用エクストラバッテリーの場合は、3040Whまで増量可能です。

増量できるメリットは、容量が足りなかった場合に、新しく買い換える必要がなく、増量せずにコンパクトな使い方と増量してガッツリ使うことが可能です。

ポタブルン

Anker 555 Portable Power Stationは増量できないですが、用途を明確にすれば、最適に使うことが可能です!

Anker 555 Portable Power Stationの充電性能は、同時充電4時間でフル充電

Anker 555 Portable Power StationとDELTA 2を比較。充電性能について
充電性能の比較

次に、充電性能

「Anker 555 Portable Power Station」の最速充電時間は約4.1時間でフル充電。

DELTA2は、AC充電、50分で80%、1時間20分でフル充電。

「充電時間を速くすることで、リチウムイオン電池の負荷が大きくなり劣化を加速させる」とポータブル電源の製造メーカーBlueSun Solarの担当者から教えて頂きました。

社外には出せない情報かもしれないため、実際のデータは頂けませんでしたが、実際にポータブル電源のブランド「LACITA(ラチタ)」の加藤社長は、CAMPHACKのYouTubeチャンネルで「急速充電にすることは、そこまで単価が上がらないけど、安全面と電池の寿命への影響がクリアになってから」とおっしゃています。

CAMPHACK YouTubeチャンネルより
ポタブルン

ポータブル電源は、急速充電にすることで単純に売れる!からあらゆるメーカーが採用していると考えています。その反面、急速充電で、どの程度、リチウムイオン電池へ影響があるのか?は表に出てきませんが、製造メーカー等は、データを持っています。

Ankerのポータブル電源は、業界的に充電時間が遅いですが、安全面や電池の寿命への影響を考えるなら、リン酸鉄リチウムイオン電池で充電時間が速すぎない「Anker 555 Portable Power Station」は、劣らない素晴らしいポータブル電源であることが分かります。

Ankerは、販売する為だけに、数字的な優位性(急速充電など)を見せつける事をせずに、伝わりにくい部分へのこだわりを追求している点が素晴らしく信頼できると考えます。

ソーラー充電は「Anker 555 Portable Power Station」は最大200Wに対して、DELTA 2は最大500W。

アウトドアや防災を考えると、ソーラー充電性能が高い方が、どんな環境下でも充電できる為、おすすめしています。

Anker 555 Portable Power Stationの重量13.1kgで約1kg重い

Anker 555 Portable Power StationとDLETA 2を比較。サイズ・重量・UPSとパススルーや保証について
その他スペックの比較

三片の合計サイズが「Anker 555 Portable Power Station」の方が61mmほど小さいですが、重量が約1.1kgほど重くなります。

サイズや重量以外に、形も重要な要素です。

「Anker 555 Portable Power Station」は上面にハンドルが付いてる為、ミニテーブルとして利用はできません。また、車内に積んだ時に、収納がしにくく、また保存するときも上面のハンドルが邪魔になる場合があります。

DELTA 2のように、左右にハンドルがあり、上面フラットな場合は、あらゆる環境で使いやすい形と考えます。

EPSやパススルーは「Anker 555 Portable Power Station」とDELTA 2の同様、搭載されています。

アプリ連携は、DELTA 2のみ搭載です。

保証期間5年も大きいですね。これはありがたい。

Anker 555 Portable Power Stationを独自評価すると平均点4.4で高評価

ポタブルン

当サイトでは、個人的な主観にならないように、独自評価を設けています!

|ポータブル電源の評価比較基準について

ポータブル電源を比較する項目は、とても多く主観的な意見にならないよう。各性能ごとに評価軸を設定し、5段階評価で結果を出しています。また、表記されている容量と実際に利用できる容量は異なります。そのような計算もして、60台以上のポータブル電源の評価をデータ化しています。

5つの評価基準(出力・容量・安全性・寿命・サイズ)で評価をし、評価が平均3.5以上のポータブル電源をおすすめしています。(評価一覧シート)掲載数(93台)

\ 随時、更新しています /

Anker 555 Portable Power Stationの評価

Anker 555 Portable Power Stationの独自評価は4.4です。
Anker 555 Portable Power Stationの独自評価

評価項目は、出力、容量、寿命、電池種類、合計サイズ、費用対容量です。

項目を増やす事は可能ですが、複雑になる為、上記の項目をベースとしています。

容量1000Wh~1999Whクラスでは、平均4.5以上が優れるポータブル電源としています。

「Anker 555 Portable Power Station」は、平均4.4なので、容量クラスで若干劣る部分があることが分かります。

比較シートでライバルと比較すると、同じ容量クラスでは、定格出力が若干低い。

また費用対容量は、価格割る容量で1Wh当たりの金額を出しています。100円を切るとお買い得ですが、三元系ベースなので、リン酸鉄は、100円を上回る場合でも、お買い得として判断しています。

「Anker 555 Portable Power Station」の費用対容量は、定価時146円。価格は、149,900円です。

Anker 555と同じ容量クラスでリン酸鉄ポータブル電源と比較

Anker 555 Portable Power Stationと同じクラスの2機種を比較

それでは、容量1000Wh~1999Whクラス内で平均評価4.4に近い機種と詳しく比較していきます。

「Anker 555 Portable Power Station」を含む、3機種全て、リン酸鉄リチウムイオン電池を搭載していて、2022年発売の最新機種です。

Anker 555とAnker 757とSuperbase Pro 1500の3機種を比較

Anker 555 Portable Power StationとAnker 757とSuperBase Pro 1500を比較

容量クラスが同じAnker 757 Portable Power StationとSuperBase Pro 1500と比較していきます。

Superbase Pro 1500は、省略してSB Pro 1500と表記しています。すみません。

優れる項目をハイライトしています。Anker 555は4つ。

次にSuperbase Proが4つ。最後にAnker 757は2つでした。

表の結果から、Anker 555は、ライバルと比較して、定格出力が低く、容量が少なく、充電時間が遅いですが、サイズと重量に優れ、価格も安く、保証期間が長い事が分かります。

Anker 555 Portable Power Stationのメリットとデメリット

Anker 555 Portable Power Stationのメリットとデメリット

では、最後に、ここまでの比較で見えてきたAnker555のメリットとデメリットを紹介します。

Anker 555 Portable Power Stationのメリット

Anker 555 Potable Power Stationのメリット
Anker 555 Portable Power Stationのメリット
  • リン酸鉄リチウムイオン電池を搭載
  • Ankerで初AC100V採用
  • リン酸鉄リチウムイオン電池を搭載
  • サイクル寿命3000回
  • UPS・パススルー
  • サイズがライバルと比較して小さい
  • 保証期間5年

Anker 555 Portable Power Stationのデメリット

Anker 555 Portable Power Stationのデメリット
EcoFlow DELTA2のデメリット
  • 同容量クラスで比較して出力が低い
  • 容量の増量ができない
  • 充電時間がライバルと比較して遅い
  • 専用アプリがない
  • 上面がフラットじゃない

2022年発売の最新機種ですが、ライバルと比較して、優れる性能があまりなく、あえてAnker 555 Portable Power Stationを買う理由が見つかりませんでした。

ポタブルン

ライバルと比較して、コンパクトな点が優れています

Anker 555 Portable Power Stationは、こんな方におすすめできる

Anker 555 Portable Power Stationはこんな方におすすめできます。
こんな方におすすめ!
  1. Anker製品が好きで、100V仕様の最新機種を待っていた方
  2. アプリ連携や拡張バッテリーを必要とせず、容量1000Whクラスでとにかく小さくリン酸鉄を搭載しているモデルを探している方
  3. Ankerの5年保証と迅速なアフターサポートを必要としている方

Anker 555 Portable Power Staionの発売からAnkerの今後の動きを考える

Anker 555 Portable Power Stationの発売から見る、Ankerの今後の動き

では、Ankerの今後の動きを予測していきます。

ポタブルンの個人的な予測となりますので、あくまで参考にしてください。

Ankerのポータブル電源は、今までAC出力の電圧がグローバル仕様の110Vでした。

Ankerに何度か問い合わせをしても、110Vは全く問題がない。過去に問題が起こった報告がない。とのことでしたが、Anker 555 Portable Power Stationでは、100Vを採用してきました。

電圧の変更からAnkerの今後の動きを予測していきます。

Ankerの今後の動き

近年、ポータブル電源のメーカー・ブランドは、日本市場により力を入れている様に見えます。

理由は、ポータブル電源の最新機種は、海外で発売された後に、遅れて日本で発売されることが一般的でしたが、EcoFlowのDELTA 2やBLUETTIのEB3Aは、日本で先に販売されています。

またAnkerは、今までグローバル仕様の電圧110Vをわざわざ100Vに変更してきました。

上記のことから、AnkerもEcoFlowやBLUETTI同様、より日本市場に力を入れてくると考えられます。

Ankerの唯一の弱点であった、電圧110Vが改善されるとのことなので、現在販売されている機種でも100Vの採用が進むと考えます。

次に、GaN素材搭載ポータブル電源のシリーズ化。

GaN素材は、熱効率が良いとされています。今期冬発売予定のAnker 767は、GaN素材を搭載した世界初のポータブル電源です。今後、発売されるAnkerのポータブル電源には、GaN素材を採用が一般化すると考えます。

Anker 555 Portable Power Stationに関する質問

Anker 555 Portable Power Stationを安く購入する方法は?クーポンある?

Anker Japan公式ショップで購入すると、ポイント1%~5%の還元があります。詳細は「Anker 555レビュー」記事より解説しています。

Anker 555 Portable Power Stationの保証期間は?

通常18ヶ月の保証に公式ショップ購入特典で40ヶ月の延長が受けられます。

Anker 555 Portable Power Stationをお得に安く購入する方法

Anker 555 Portable Power Stationを安く購入する方法は、公式サイトで購入すること

Anker 555 Portable Power Stationを安く購入する方法は、Anker公式ストアで購入することで、クーポンやポイント還元が受けられます。

Ankerには、会員ランクがあり、5万円以上の買い物をした場合、次回の購入から5%ポイント還元が受けられます。

初回購入は、1%の為、Anker 555 Portable Power Stationを購入した場合は、1499ポイントが還元されます。

Anker 会員特典について
Anker 会員特典ページより

Anker製品は、ポータブル電源だけでなく、AC急速充電器やシガーソケットからUSBに変換するソケットなどポータブル電源と相性が良い製品が多い為、Anker製品を購入する場合は、Anker公式ストアで継続的に購入がおすすめです。

ポタブルン

会員ランクは、購入から日にちが変わったタイミングで更新される為、初めて購入する場合(1%)は、単品で購入して、別の日に改めて別の製品を購入することで、適応(2%〜5%)できます!

\ 公式サイトでお得に購入する /

また、Anker 555 Portable Power Stationは、AC充電とUSBの同時充電が可能です。

Anker カスタマーにUSBで充電する場合は、Ankerのどの急速充電を購入したら良いか?を問い合わせしたところ「Anker PowerPort III 2-Port 100W」が最適だと回答して頂きました。

ポータブル電源の充電以外にも、スマホやノートパソコンなどの充電にも利用できるので、合わせて購入がおすすめです。

Amazonでも購入できますが、ポイント還元や割引はありません。

Anker
¥149,900 (2024/02/22 20:34時点 | Amazon調べ)

まとめ:Anker 555 Portable Power Stationは、1000Whクラスでコンパクトな機種

以上で、Anker 555 Portable Power Stationについて徹底解説してきました。

Anker 555 Portable Power Stationは、DELTA 2やライバルと比較して、コンパクトな点が優れていました。

最近、発売されているポータブル電源は、多機能で高性能なモデルが多く、正直、使わない機能もあります。

宝の持ち腐れにならないように、どんな用途で利用するのか?を明確にしてから、適切な機種を選ぶと失敗しないでしょう。

ポタブルン

ポタブルンでは、購入前後の相談が可能ですので、ぜひ気軽にご利用ください。

参考になったらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
読みたい場所をクリック